健康運動の王様「ウォーキング」

 

サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。

本日は健康運動の王様「ウォーキング」について話をしていきましょう。

ウォーキング

 

からだに優しく、手軽な運動として、
最近は「ウォーキング」が注目されています。

しかし、効果はすぐ現れるものではなく、
はっきりと効果を実感できるようになるには2~3ヶ月かかります。

動脈硬化
ボチボチ、気長に、気楽に取り組みましょう。

 

【 ウォーキングの効果 】

 

●肥満防止解消

有酸素運動なので、運動や活動のためのエネルギーを獲得するために

体内の脂肪が燃焼し、分解されます。

肥満防止

 

●動脈硬化の改善と血圧の正常化

血液の流れが活発になり、毛細血管の発達や血管の弾力性が保持されます。

動脈硬化

 

●膝痛や腰痛の予防

からだ全体の筋肉の2/3 を占める足腰の筋肉が強化さレます。

腰痛・ひざ痛

 

●骨粗鬆症の予防

運動によって骨が刺激を受け、骨の生成が促されて骨密度が維持されます。

骨粗鬆症

 

●動脈硬化の抑制

運動によってHDL(善玉)コレステロールが増加します。

 

●老化の防止

全身運動が身体的な衰えを防ぎ、大脳も刺激さます。

老化

 

その他:

       糖尿病(インスリン非依存型)の改善

   本態性高血圧症の改善

     新陳代謝の活発化と心臓や肺の機能向上

     全身持久力(スタミナ)の増加と防衛体力(免疫力)の向上

 

【ウォーキングの進め方 】

ウォーキングの進め方

ウォーキングを行うときには、ウォーミングアップ(準備運動)、
実施後のクーリングダウン(整理運動)が欠かせません。

①準備運動

②ゆっくり初めて徐々に加速

③速さを維持

④徐々に減速してゆっくりと終わる

⑤整理運動

 

正しいウォーキングとは からだに負担を掛けず、効果的なウォーキングを行うには、

正しいウォーキングフォームを身につけることが大切です。

①呼吸は大きく深く、一定のリズムで

②背筋を伸ばし、上体を真っ直ぐに

③肩の力は抜いてリラックス

④腕は肘を軽く曲げ、大きく振って

⑤膝を伸ばして、かかとから着地

⑥つま先で路面をけり出すように

⑦あごは軽く引いて

⑧腰で歩く意識を持って

⑨歩幅は普段より大きめに

  • にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
  • ブログランキング
  • 野球用品・グッズ ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket