ウォーキングの血圧への4つ効果

 

サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。

本日は血圧とウォーキングについて考えてみましょう。

【ウォーキングで血圧が下がる】

血圧とウォーキング

 

高血圧の方にとって最もいい運動は、ただ歩くだけの「ウォーキング」です。

歩く以上の激しい運動を行うと、心臓や血管に負担がかかり、
命にかかわるリスクの方が大きくなります。

しかし、気になるのは「ウォーキングで本当に血圧が下がるの?」ということです。

感覚的には分かっても、今ひとつピンと来ません。

そこで、ウォーキングが血圧にもたらす4つの効果」をご紹介したいと思います。

【血圧への4つの効果】

①血管の掃除をする

 

血管を掃除する

 

歩くと体の中で何が起こるのかというと、まず、体が酸素と栄養をたくさん必要とします。

心臓は心拍数を増やし、血液循環もよくなりますので、
体全体の血の巡りがよくなることになります。

体全体の血の巡りがよくなると、
血管にたまったゴミ(コレステロールや中性脂肪)が、
勢いを増した大量の血液によって押し流されます。

結果、血管のゴミがキレイに掃除され「血圧が下がる」ことになります。

ちなみに、ウォーキングを習慣的に行っていると、
血管のゴミが取れるだけでなく、溜まりづらくなるメリットも得られます。

②血管が開く

 

血管が開く

 

ウォーキングによる2つ目の効果は、「血管がよく開く」ことです。

歩くと血液循環がよくなることは先程申し上げましたが、
血の巡りが良くなると血管の内皮細胞から「ブラジキニン」という
酵素が分泌されることが分かっています。

ブラジキニンは、血管を広げる一酸化窒素(NO)を
刺激して活発にする働きがありますので、

ブラジキニン

歩く  
 ↓
ブラジキニンの分泌 

 ↓
一酸化窒素の活発化

 ↓
血管がよく開く

 ↓
細い血管の抵抗が少なくなり血圧が下がる

ブラジキニンは、分泌されたあと「3~4日」血液中に滞在します。

なので、ブラジキニンを切らさないようウォーキングは3~4日に1度行うのが理想です。

③ネットワークができる

血圧が高い原因の1つに、
血管のネットワークが少ないことがあります。

血管はお互いに手を差し伸べるように
新しい血管を作って血流をよくしています。

ウォーキングをすると、この血管同士の助け合いがより一層増えて、
古い血管がよみがえったり、つまった血管のそばにも
バイパス血管ができて血圧を下げる効果があります。

④ミルキングアクションの活性化

ウォーキングによる4つめの効果は、
第二の心臓といわれる太ももやふくらはぎなど
足の筋肉がよく使われることで発生します。

たくさん歩くと足の筋肉がまるで
ポンプのように収縮を繰り返しますので、
心臓にもどる血液の流れが良くなります。

ミルキングアクション

 

これは「ミルキングアクション」と呼ばれるもので、
心臓への負担を軽減し血圧を下げる効果があります。

  • にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
  • ブログランキング
  • 野球用品・グッズ ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket