ポカリスエットを飲む時に注意すること

   2016/07/27

サプリメントアドバイザーの児玉晃典です。

今日から、水分補給に適したものを具体的に見ていきます。

●ポカリスエット

ポカリスエット

ポカリスエット粉末(10ℓ用)

ポカリスエット粉末(1ℓ用)5個セット

 

誰もが知っている代表的なスポーツドリンクです。

発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給する飲料です。

適切な濃度と体液に近い組成の電解質溶液のため、すばやく吸収されます。

市販されているペットボトル製品が気軽に飲めるので良いのですが、
コストパフォーマンスが悪いのと、糖分濃度が高くなりますので、
粉末のものを通常の2倍の水に溶かして飲むことをお勧めします。

【栄養成分】

ポカリスエットパウダー 1L用(1袋74gあたり)
●エネルギー:288kcal
●タンパク質・脂質:0g
●炭水化物:72g
●ナトリウム:520mg
●カリウム:227mg
●カルシウム:23mg
●マグネシウム:6mg

【原材料】

ポカリスエットパウダー
砂糖、ぶどう糖、粉末果汁、デキストリン、食塩、 酸味料、
ビタミンC、塩化K、 調味料(アミノ酸)、乳酸Ca、香料、炭酸Mg

【パウダーをお勧めする理由】

同じポカリスエットを飲む場合私がパウダーをお勧めする理由には、
コストパフォーマンスのほかに原材料があります。

ペットボトルには原材料として

「果糖ぶどう糖液糖」が使われていることがあります。

「果糖ぶどう糖液糖」については、健康上の問題点が取り上げられていることもあり、
私としてはお勧めできないのです。

スポーツをする場合は汗を多量に書くために、
水分補給も多量に必要になります。

健康上にはもちろん運動のパフォーマンスを下げないことも大切です。

少しでも不安な点は避けておきたいものです。

【果糖ブドウ糖液糖】

果糖ぶどう糖液糖の正式名称は「高フルクトース・コーンシロップ」といい別名異性化糖と呼ばれます。

コンビニやスーパーへ行ってみてください。

炭酸飲料やスポーツドリンク、ゼリー、アイスクリーム、シリアル、ノンアルコールビールなどなど、
商品の裏を見ると本当にたくさんの食品の甘味料として使われています。

この果糖ぶどう糖液糖(異性化液糖)には一つ大きな問題が隠されています。

「高フルクトースコーンシロップ」という名の通り
トウモロコシから作った高果糖の液という意味です。(※フルクトース=果糖)

その生成方法は、トウモロコシのでんぷんを科学的に分解してぶどう糖の液にします。

そして、そのぶどう糖液糖を酵素またはアルカリと反応させ、
ぶどう糖より甘味の強い果糖に変化(異性化)させ作り上げます。

このトウモロコシのほとんどがアメリカから輸入されています。

アメリカのトウモロコシ事情として

実に85%以上が”遺伝子組み換え”であることから、
日本で使われている果糖ぶどう糖液糖などの異性化糖を使った商品は
高い確率で遺伝子組み換え食品ということになります。

遺伝子組み換え食品は長期間食べ続けた場合どうなるか全くわかっていないので
できるだけ避けたいものです。

もっとも懸念される病気はとして、ガン・腫瘍・アレルギー・不妊症などと言われています。

特に子供には絶対に摂らせたくはありません。

甘味料について遺伝子組み換え食品の国が定めた表示義務は成分が分解されていれば、
表記する必要はないとしています。

果糖ぶどう糖液糖などの異性化糖は原材料を分解して作られているので
遺伝子組み換えのトウモロコシが使われているが、表示義務はありません。

  • にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
  • ブログランキング
  • 野球用品・グッズ ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket